ファインダーを覗けば小さな声が聴こえる

ご訪問ありがとうございます

雲蒸  

7K8A8180-1.jpg

たまになんという山ですか?というご質問がありますので、改めて彼女(アイヌ語でマチネシリ「女山」ともいわれてます)を紹介します

羊蹄山(ようていざん)
北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。

ほぼ完全な円錐形であり、富士山によく似たその整った姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。

明治、大正から昭和にかけて後方羊蹄山(しりべしやま・こうほうようていざん)、マッカリヌプリ、蝦夷富士の呼び名が併存していた。また一部の地図にはマッカリ山(真狩山)の表記も見られた。

陸地測量部の1920年(大正9年)発行の5万分の1地形図「留寿都」では後方羊蹄山(蝦夷富士)と記載されていた。しかし難読であったことから地元の倶知安町が羊蹄山への変更を求め、国土地理院の1969年(昭和44年)11月発行の地形図から羊蹄山と書き換えられた。このため現在の羊蹄山の名が定着することとなった。  Wikiより


週末は久しぶりに良い天気(o‘∀‘o)*:◦♪
撮影の旅、と行きたいところですがそこら辺で弾けます
大掃除もせねば
週末コメントお休みします

ご訪問、コメント、拍手コメント、ポチっと ありがとうございます。感謝です♪
当ブログは予約投稿制です。管理人不在でも投稿され続けます

にほんブログ村
スポンサーサイト

▲Page top